乾燥肌を改善するにはクレンジングを見直しましょう

乾燥肌で悩んでいるという人は多いでしょう。乾燥肌は小じわが出来やすくなったり、メークがなじまないなど悩みは尽きません。保湿効果の高い化粧水や美容液を使っているという人もいるでしょうが効果は一時的という人もいるかもしれません。実は乾燥肌対策にはクレンジングを見直す事が重要です。

乾燥肌になってしまう原因は何か

乾燥肌は体質だから仕方がないと諦めてしまっている人もいるかもしれません。しかし乾燥肌は使っているクレンジングが原因の事もあるのです。数百円で買う事の出来るクレンジングの多くは石油系界面活性剤が使われています。これは洗浄力が強くて大事な皮脂を洗い流してしまうのです。

台所用洗剤にも石油系界面活性剤が使われていますが、台所用洗剤を使うと手がカサカサになってしまうという人もいるのではないでしょうか。これと同じことが顔でも起きているとしたら怖い事です。一度自分の使っているクレンジングを見直してみましょう。石油系界面活性剤が使われているクレンジングを使用しているなら要注意です。

更に乾燥肌が悪化してしまう原因は何か

石油系界面活性剤が使われているクレンジングを使っているのに加えて、ゴシゴシ力を入れて顔を洗っているという人は要注意です。メーク汚れをきちんと落としたいという気持ちから、ついつい力が入ってしまう事があるからです。皮膚は摩擦に大変弱く、力を入れて擦ってしまうと肌を守っているバリア機能を破壊してしまいます。

バリア機能が破壊されてしまうと、紫外線や埃や花粉などあらゆるものの刺激を受けやすくなってしまいます。そうすると敏感肌になってしまう事もあります。敏感肌になってしまうと、一般的なスキンケア商品を使用しても肌が赤くなってしまったり痒くなってしまう事もあります。

どの様なクレンジングを選べば良いか

クレンジングは石油系界面活性剤が使われていない商品を選びましょう。天然の洗浄成分で作られている物が良いです。また無添加の物を選ぶ様にしましょう。何故ならアルコールなど、肌に刺激になる物が入っているからです。最近はオーガニックのクレンジングも売られていますのでお勧めです。この様な商品は数百円で買う事が出来ません。

1本数千円することが殆どです。値段が一つの目安になります。もし数百円で天然の洗浄成分配合と書いてある時は、天然の洗浄成分の他に石油系界面活性剤も入っている可能性があります。よく確かめてから買う事が大切です。天然の洗浄成分で作られたクレンジングを毎日使う事で、乾燥肌が改善していく場合があります。

乾燥肌で悩んでいるという人はクレンジングを見直す事が大切です。石油系界面活性剤が入っている商品は洗浄力が強いので避けましょう。天然の洗浄成分で作られている商品を選びましょう。

例えばドモホルンリンクルの化粧落としジェルであれば、肌に優しく、しっかりと落とすことができます。

薬品のようなツンとするような匂いや感触もないので、抵抗なくお肌に載せることができました。

参考:ドモホルンリンクルを辛口で口コミ評価!30代主婦が使った結果は…?
化粧落としジェルの詳しいレビューが載っています。

この様なクレンジングは値段が高いですが、自分へのご褒美として購入してはどうでしょうか。